ハヤブサとお別れしました

リーターンライダーとなって
約2年半を共にしたハヤブサ(GSX1300R)とお別れしました。

乗り始めたころは
まるでワープでもしているかのような圧倒的なパワー
高速移動の安定感
街乗りで意外なほどの軽快さ
なんといっても見た目のカッコよさ
これ以上のバイクは無いと自分では思っていましたが、

2年半乗ってきた中でいろいろと思うところがあり、
お別れすることを決断しました。

理由は?

大きく2つあります。

理由1:バイクの楽しみ方が定まってきた

2年半の中で
のんびりツーリング、キャンプがメイン。
気になってきたのが「重さ」「ポジション」「パワー」

「重さ」

動き出してしまえばなんともない
あくまでも「動き出してしまえば」なので、
目的地へ行く途中のコンビニなどでの取り回しが辛い
さらに、
キャンプ場で地面の悪いところはもっと取り回しがつらい。

「ポジション」

若いころは前傾姿勢で辛いとおもったことはなかったが、
運動不足気味の中年にとって、
中盤~後半戦での腰痛、肩こりが本気で辛くなってきた。

「圧倒的なパワーは必要なかった」

街中はもとより高速道路でもほぼ法定速度+α程度で走行。
たまに勢いよく加速してみることもあったが、スピードメータ、タコメータともに
針が頂点から右側を指すことはなかった。
ハヤブサメーター

自分の中で、
ほどほどのパワーと軽さとポジションの快適さ求めるようになってきた。

趣味の世界なので、
見た目が好きというのも重要だけど、
自分のバイクの楽しみ方からするとそれよりも優先したいことが
見つかったという感じ。

理由2:今後かかる費用

これは、
単に自分を納得させる都合のよい解釈とも思えるが、

近々ひかえている車検、
タイヤもだいぶ減ってきていることから必要となってくるタイヤ交換

さらに、
前途のとおり楽しみ方がキャンプやツーリングなので、
乗り続けるのであれば
バイクの軽量化やポジションの改善したい。
思いつくのが、
たとえばバーハン化でのポジション改善やマフラー交換での軽量化。

結構な出費となる。

理由1の状況から乗り換えるという選択肢もありなのでは?
と。

ハヤブサの嫁ぎ先は?

バイク出張買取へ依頼し買取っていただきました。
これからだんだんと寒くなりバイクシーズンから外れてくるし
また新型も各メーカーからアナウンスされてくる時期。
先になれば先になるほど値段が下がっていくと思われるため、
決断してからは早めに依頼。

買取専門店2社で査定してもらいましたが、
あまり金額がかわらなかったため、
相場かと判断し売却しました。
(具体的な金額は控えます)

今後は何に乗る?

ハヤブサにのりつつも
いろいろと試乗やバイク販売店でまたがったりはしていて、
いくつか候補はすでに決まってます。
軽くて、
そこそこのパワーがあって、
ポジションが楽、
積載力もそれなりにありそうなやつ。

あと、
見た目が好きなやつ。

というような条件に合致するやつで。

最後に

自分で決断したとはいえ
やっぱり寂しい

最後は沢山写真をとってお別れしました。

たくさんいろいろなところへ連れて行ってくれて
ありがとうございました。

ハヤブサお別れ

いいオーナーさんに巡り合えますように。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする