乗っているバイク「GSX1300R ハヤブサ」について

2014年式スズキGSX1300Rハヤブサです。
gsx1300rhayabusa
GSX1300Rハヤブサを選んだ理由や約2年乗っての感想、
リターン後にハヤブサを検討されている方へのコメントなどを書きたいと思う。

ハヤブサを選んだ理由

「迫力のあるスタイリング」
「一時は世界最速とよばれたメガスポーツマシンへの興味」
「若かりしころの憧れ」
「年取ったら乗れないかも」
「乗ってる自分がかっこよく見えるかも^^」
などなど。
なんだかんだ言ってるけと結局のところ、
「かっこいい!」
という見た目9割が一番の理由。

約2年乗ってハヤブサに対して思っていること

コーナーリングがどうとか、
サスペンションがどうとかそういった立派なレビューはできませんが、
約2年ハヤブサに乗ってきて感じていることは、

気に入っているところ

・自己満足度がかなり高い
見た目9割で選んだので当然かも。

・高速道路での余裕のパワー(アクセルちょっとあけると数秒で…)と安定感が生むゆとり

・意外とリアシートの積載性がある
荷かけフックが4つあるのでネットがかけやすいし、座席幅もあるので沢山の荷物を積むことが可能。

下の画像は、シートにテントとマットを乗せ、その上にキャンプ用品がはいったカバン、さらにその上に保冷バッグこれをネットで括り付けてキャンプへ行った時の写真。

ハヤブサ積載イメージ

・よく声かけられる
これはいいかどうかはなんともいえないが

・足つきが大型にしては良い。
身長170cm 体重60Kg前半。あし短め。両足ベタは無理だけど土踏つかないくらい。

・燃費も悪くはない。
リッターあたり街乗り15km程度、高速だと20km程度になることも。タンク容量が20Lなので満タン300kmとして考えている。

いまだに慣れないところ

「重さ」(車体重量(装備重量)266kg)
もうこれに尽きる。
今となっては多少コツを掴んだ(説明はできないが)のでなんとか取り回しはできるが、
最初は数センチの段差ですら越えるのに一苦労した。
それと、
重さが故にちょっと狭い駐車場のコンビニとか止めるのが面倒になる。
これがよくなくて、
止めるの面倒→休憩しなくなる→疲れる→さらに止めるの面倒に…のスパイラル
というよくない状況に。(私だけかもしれないが)

あと人によってはセパハンやポジションがつらいかも。
SSから比べるとハンドルは高い位置だけど。
日帰りツーリングでも後半戦はちょっとキツい。
まぁ、重さやポジションについてはハヤブサに限った話ではないし、
個人差はあると思うが。

ハヤブサ以外で悩んだバイク

・ホンダ CB1300 SUPER BOL D’OR
理由はこちらも見た目です。

CB1300 SUPER BOL D’ORは試乗とレンタルバイクで1日乗ってみました。
cb1300boldor
10何年ぶりのバイクで乗れるかは不安だったけど、
すんなり乗れてパワーもあるしポジションも楽で乗りやすかった。

「CB1300に乗れたのであればハヤブサも乗れるのでは?」
と自分に都合のよい解釈で、
ハヤブサもレンタルバイクで1日乗ってみたところ、
乗り始めてすぐに
「乗りやすっ!!」
軽く感じたし。曲がりやすかった。
これが決定的だったかも。

ハヤブサ購入を検討されている方へ

普通に世の中の車の流れに沿って走るくらいであれば
リターンライダーであれば体が覚えていると思うのですんなりのれると思います。
最初は見た目のデカさと重さ、エンジンをかけたときのいかにも大型という排気音に
圧倒されるかもしれませんが、
いざ、クラッチを握って、1速にいれて、ゆっくりクラッチをリリースすると、
すんなりと動きますし、そこからすこしアクセルをいれてあげれば軽やかに進みだします。
動きはじめたら重さというよりも安定感と余裕のパワーで乗りやすいと感じると思います。

リターンライダーのバイク選びについて

ハヤブサの話からは外れますが、
リターン最初は年齢も考えてもっと小さいのに乗り、慣れてきたらステップアップ
というのも考えとしてはありますが、
若いころと違ってバイクを買っても乗れる時間が少なかったり、
今乗れるバイクも数年したら乗ることが厳しくなったりすると思うので、、
予算が許す範囲で乗れるバイクに乗ったほうが精神的にもよろしいかと。
それと、
お金はかかりますが、
買ったあとに後悔しないように、
バイク選びで悩んでいる方は一度レンタルバイクで乗ってみるのがおすすめです。

なんとなく話にまとまりがなく取り留めのない文となってしまいましたが、
参考になりましたでしょうか。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする