茎崎こもれび六斗の森キャンプ場でソロキャンプ

過去のキャンプ記録。備忘録として投稿
2017/7/22~23
---------------------
前回の「森のまきばオートキャンプ場」から約1ヶ月
ソロキャンプいきたくてしょうがない病。

近場で探したところ
つくば市の牛久沼周辺にあるキャンプ場
「茎崎こもれび六斗の森キャンプ場」
を発見。
自宅から下道のみで1時間ちょい。
料金も激安。
ということで六斗の森キャンプ場に決定!

キャンプ場名:茎崎こもれび六斗の森キャンプ場
住所:茨城県つくば市六斗1002番地
チェックイン・アウト時間:9:00~9:00
料金:テントひと張り310円+施設利用料210円/人
バイクの乗り入れ:可
参考:六斗の森キャンプ場ホームページ

予約方法について

結論からすると電話して予約という普通の流れ。
ただ、
ホームページを見ると画面右に
「料金前払い制です電話予約不可」
との記載。
「どこに振り込み?、振り込んだ後はどうやって予約??」
よくわからなかったので電話してみると、
電話予約OK、料金も当日払いでOKでした。

予約する際は、
指定管理者である㈱中泉建設さんへ連絡する。
連絡先はホームページに記載あり。

今回のNewアイテム

定番の2つと夏用シュラフを導入

  • trangia「メスティン」TR-210
    普通サイズの方。
  • esbit「ポケットストーブ」
    固形燃料を置いて使う折りたたみコンロ。Amazonで激安類似品(150円くらい)もあり、そっちでも全然問題ないと思うが念のためesbit製を購入

上記2つでやりたいことはキャンプ場での炊飯。

  • 夏用シュラフ
    Naturehikeというメーカーの超コンパクトな夏用シュラフ。
    最低8℃、快適温度15℃
    Amazonで2,000円くらいで購入。

Naturehike夏用シュラフ

出発~キャンプ場~設営完了

国道6号を北上、利根川を越え牛久沼を超えしばらく走り左折、
あとはスマホナビに従ってキャンプ場へ向かう。

中泉建設さんで受付けをしたあと、
目の前の通りを挟んだ向かいにあるキャンプ場入口へ入り、
道なりへ進んだ先にあるキャンプ場内の管理棟へ移動し手続きをすませる。

バイクソロキャンプの場所は管理棟目の前のスペース。
ここはバーベキュー上のとなり
デイキャンプの団体さんがいたが、
すこしだけなれているのであまり気にならず。
水場、トイレも近い。

設営完了

六斗の森キャンプ場設営完了
地面は砂っぽい感じ。
設営後あまりの暑さに少しでかけることに。

牛久大仏~お風呂

バイクで30分程度走り牛久大仏へ。

かなりでかい。

牛久大仏

中にも入れるようだが別料金。
個人的にはそとから見た迫力だけで大満足。

だいぶ汗をかいたので風呂へ行くことに。

キャンプ場ホームページの
近隣の入浴施設の紹介のページにいくつか紹介されていた中の1つにある
「つくばウェルネスパーク」
へ行ってみることに。

施設名:つくばウェルネスパーク
住所:つくば市山木1562番地
営業時間:平日10:00~22:00、土日祝9:00~22:00
休館日:第1・3木曜日/12月31日・1月1日
(第1・3木曜日が祝日の場合その翌週が休館日)

ここは、
スポーツジムなどが入った運動総合施設
清潔感がありかなりきれい。
地下へ降り券売機でチケット大人720円を購入し受付へ。

風呂は、
大浴場、サウナ、水風呂、露天風呂まである。
ちょっとキャンプ場からは遠いがおすすめです。
2時間程度のんびりしキャンプ場へ戻ることに。

キャンプ場へ戻る途中、「とりせん」というスーパーでで買い物。
酒6缶と、お刺身、ソーセージ、あと今回は炊飯してカレーが食べたかったので
レトルトカレー

ひとり宴会開始

さっそくひとり宴会開始。
ひとり宴会開始

初挑戦メスティンで炊飯
私がやった方法は下記

①お米1号を研ぐ
②メスティン本体内側のぽっち(リベット?)の半分くらいのところまで水をいれる
③お米に吸水させるため30分程度放置
④エスビット「ポケットストーブ」へ100均で買った固形燃料を置き着火、その上にメスティンを置いて放置。
⑤燃料がなくなり火が消えるまで放置

ネット情報では「チリチリ」音がしたら火からはずすとか、途中で混ぜるとか
あったが固形燃料がなくなるまで放置でもけっこう上手に炊けた。
レトルトカレーかけてたべることに。
晩御飯レトルトカレー
ご飯1号たべてしまったのでおなか一杯になりすぎた。

あとは、
ダラダラお酒をのみながらスマホでラジオを聞きながら、
のんびり。

いい時間になってきたので、
寝ることに。

安いシュラフだが、
素材がツルツルすべすべしてて気持ちがよい。
けっこう満足。

翌朝~帰宅

若干二日酔い。

チェックアウト時間まで余裕もあったが、
早めに帰宅したかったのでそうそうに片付け。

やはりまだ片付けがてまどう。
課題だな。

国道6号を東京方面へ上り帰宅。

六斗の森キャンプ場の感想

若干設備の古さは感じたが、
値段もやすいし。近いので気軽に行けそう。

また来よう。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする