竹岡式ラーメン「梅乃屋」を食らうツーリング

「無性にラーメン食べたいっ!」
という定期的におとずれるラーメン食べたい欲を満たすため、
程よいツーリング距離で行けるラーメン屋を検討している中、
20数年前に地元の先輩に連れて行ってもらった
竹岡式ラーメン「梅乃屋」
を思い出した。

自分の記憶では、
厚切りで柔らかく味の染みたチャーシューがごろごろ入っていて、
そこにやくみと呼ばれる玉ねぎみじん切りのアクセントが絶妙なラーメン。
久々に行ってみることに。

出発

ネットで調べると梅乃屋は10:00開店前から行列らしいので、
9:30到着を目標に。

12月にはいって朝が冷え込む。
メータに表示された外気温は9℃。
出発9℃

上着は長そでシャツにパーカーとユニクロダウン。
リターンライダーになって冬は3回目。
そろそろ冬用バイクジャケットが欲しい今日この頃。

千葉方面へ行くときはいつも京葉道路篠崎から。
京葉道路に入るとペースが上がりさらに寒い。
グリップウォーマーのありがたみを感じる。

順調に流れ、
8:15ごろ市原出口。
市原出口
梅乃屋の最寄りは富津竹岡だけど時間もあるので途中下車。
というか高速代節約。

国道16号へ入りしばらく南下。
移動南下
日曜の朝ということもあり順調に道は流れ、

梅乃屋到着

梅乃屋到着

時刻は9:24分。
梅乃屋外観

お店の少し先の壁側に駐車。
梅乃屋駐輪

先客は1名。
行列前に到着してよかった。

のんびりしてたら駐車場方面からきた2名に先を越される。
といっても4番手なので余裕。

お店の前から少し先に海が見える。
梅乃屋海

9:40頃から人がだんだんと増え、並んでいる人数が約20人ほど。
9:50頃お店の方が注文を取りに列へ。
注文をきかれたので、
チャーシューメンとやくみをオーダー。
(あれ?ネットでみた情報だと休日はチャーシューメン不可だったような?)
→→どうやら休日でも開店直後に入る人はチャーシュー麺注文できるっぽい。途中から注文はラーメンのみとなっていた。

10:00ちょい過ぎに開店。
ぞろぞろと人がお店にながれこみ20名程度は入れるお店はあっという間に満席。
席はお店の人からは指定されず好きなところへ。

客がすきなところへ座ってしまうが、
格好で注文した人を判別している。
20数年前に来た時と同じだ。
(「ヘルメットの兄ちゃん」みたいな)

10:15着丼。
チャーシューメンやくみ
「うまそ~!!!」
さっそく実食。
チャーシューは柔らかくて味がしみ込んでてうまい。
脂身部分がまたうまい。
やくみアクセントがお肉と合う。
麺は乾麺、いわゆるインスタントラーメンっぽいやつ。
スープはチャーシューのタレのお湯割り。
これは賛否両論。

麺が主食というよりはチャーシューの付け合わせで麺。
スープは味わうというよりは、口のなかにはいったチャーシューと麺を流し込む用。
という感じ。

ボリューム満点なので若干苦しくなってきたが、
最後までおいしくいただき完食。大満足。

お会計は、
チャーシューメン900円、やくみ50円の計950円。

お店の外へでると行列ができてる。
梅乃屋出発

このまままっすぐ帰ってももったいないので、
とりあえず近くの道の駅保田小学校へ向かう。
移動保田小へ

途中、竹岡駅入口の看板があったので
せっかくなので行ってみることに。
竹岡駅

道の駅 保田小学校

竹岡駅から15分程度走り道の駅 保田小学校到着。
道の駅保田小学校到着

もともと学校だったらしい。
道の駅保田小学校

缶コーヒー、休憩。
外でやっている演歌コンサートがなんだか心に沁みる。
帰路方面で何かないかネットでいろいろ調べてみると君津に「光永ファーム」という卵直売所があって
お土産も売っているみたい。
30分程度で到着できそうなので行ってみることに。

道の駅を出て左折。
そして、
しばらく走りまた左折。
もみじロード
休日ということもありライダーが多い。
ここはもみじロード。千葉では有名な道。
もみじロード2

光永ファーム到着

光永ファーム到着

お店外観。
光永ファーム外観

お店の中は卵だけでなくプリンやカステラなども販売していた。
お土産として
卵と燻製タマゴを購入。
光永ファームたまご

今晩の晩御飯はたまごかけご飯に決定。
ひととおり楽しんだので帰ることに。

帰路

道がすいてて気持ちがよい。
もっと走っていたいが明日は仕事なので早めの帰宅。
下道をのんびり北上。

国道16号に入りさらに北上。
幕張から京葉道路へ入り篠崎で降りて
途中コンビニで休憩。
帰宅

16:00ごろ無事帰宅。
帰宅距離

走行距離は240km
楽しい時間はあっという間だった。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする